牛凍結精液の有効利用に関する研究

牛凍結精液の有効利用に関する研究

レコードナンバー712618論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014297NACSIS書誌IDAN10582089
著者名新福 由香
鶴田 洋一
西 浩二
清野 滋美
上村 利久
窪田 力
大西 義博
書誌名鹿児島県肉用牛改良研究所研究報告
発行元鹿児島県肉用牛改良研究所
巻号,ページ10号, p.10-12(2005-03)ISSN13419064
全文表示PDFファイル (246KB) 
抄録凍結融解後の精子の運動性及び生存率を改善するために,精子凍結用希釈液にピルビン酸ナトリウムを添加し,凍結・融解後に経時的に調査した結果,運動精子率では常に添加区が慣行区より高い値で推移し,運動速度では融解後1時間までは両区ともほぼ同じ値で推移したが,2時間以降は添加区が慣行区より有意に高い値で推移した。この結果,牛精液の凍結保存において,凍結精液用希釈液へのピルビン酸ナトリウム添加は,凍結・融解後の精子生存性・運動性の改善に効果のある可能性が示唆された。
索引語凍結;精子;運動;添加;精液;性;酸;ナトリウム;利用;研究
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat