エビデンスに基づいた採卵と胚移植

エビデンスに基づいた採卵と胚移植

レコードナンバー712660論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名京野 廣一
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ22巻・ 1号, p.13-19(2005-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1591KB) 
抄録世界初の体外受精は全身麻酔・腹腔鏡下に採卵され、砕石位で経頸管的に子宮内移植されて成功した。採卵は1985年頃より容易・利便・正確性のため腹腔鏡下から経膣超音波断層下に移行した。胚移植については卵管水腫・頸管粘液の除去、超音波断層下、柔らかいカテーテル使用、出血・鉗子を避け、子宮底に触れずに底から1.5cmの位置に移植・1分保持、30分安静、抗プロスタグランデイン製剤の使用が推奨されている。
索引語採卵;胚移植;頸管;子宮;超音波;断層;移植;世界;体外受精;性
引用文献数42
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat