伐採林齢がミズナラの萌芽更新に与える影響

伐採林齢がミズナラの萌芽更新に与える影響

レコードナンバー712722論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008004NACSIS書誌IDAN00014341
著者名小谷 二郎
書誌名石川県林業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Ishikawa-Ken Forest Experiment Station
発行元石川県林業試験場
巻号,ページ37号, p.22-27(2005-03)ISSN03888150
全文表示PDFファイル (1318KB) 
抄録伐採林齢に異なるミズナラ林での伐採後3年経過した更新跡地で、株の年齢・株径・伐採高と萌芽の生育状況を調査した。株径が18cm以上、株の年齢が36年生以上で株の枯死が認められ、46.5cm以上、79年生以上では生存萌芽がみられた株は存在しなかった。萌芽は、株の下部から発生するものが多く、最大萌芽長も下部から発生するものが多かった。伐採高が高いほど萌芽本数が少ないものが多く、最大萌芽長も低いものが多かった。また、株の中部以下から発生した萌芽は、伐採高が高いほど枯死する本数が多い傾向があった。株径18cm以下であれば、無条件に萌芽更新を、株径30cm以上であれば天然下種更新を選択すべきである。株径が18cm-30cmの時には株の枯死率を加味して萌芽更新を行い、天然下種更新と併用することが望ましいと考えられる。
索引語萌芽;伐採;更新;枯死;齢;年齢;生育;生存;株;株径
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat