京都府網野地先に設置した基質に形成されたホンダワラ群落の遷移2

京都府網野地先に設置した基質に形成されたホンダワラ群落の遷移2

レコードナンバー712781論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008121NACSIS書誌IDAN00062209
論文副題ホンダワラ群落の生産構造図とフシスジモクの年齢構成
著者名八谷 光介
西垣 友和
道家 章生
井谷 匡志
和田 洋藏
書誌名京都府立海洋センター研究報告
別誌名京都府立海洋センター研究報告
発行元京都府立海洋センター
巻号,ページ27号, p.19-24(2005-03)ISSN03865290
全文表示PDFファイル (561KB) 
外部リンク
抄録京丹後市網野地先に投入された巨礫上のホンダワラ群落の遷移を、投入後3年9カ月にあたる2004年11月に調査した。ホンダワラ群落の種組成は1年前の調査時と比べほとんど変わらず、水深4-5、5-6mの巨礫上でそれぞれジョロモク、ホンダワラが優占し、遷移の初期に優占していたフシスジモクの平均被度は11-15%であった。フシスジモクの優占度が大きく減少してきた混生群落では、フシスジモクが他種に上部を覆われており、フシスジモクがパッチ状に残っていた場所よりもフシスジモクの加入個体数や2齢から3齢にかけての生存率が低い可能性が示唆された。
索引語群落;遷移;網;種;調査;齢;京都府;生産構造;年齢;組成
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat