オオナルコユリの根茎における休眠と休眠打破

オオナルコユリの根茎における休眠と休眠打破

レコードナンバー720081論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名高樹 英明
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ4巻・ 2号, p.213-218(2005-06)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (583KB) 
抄録1.オオナルコユリの戸外栽培株の根茎の休眠(内生休眠)は7月上旬以前には極めて深かったが、その後、日数の経過とともに徐々に浅くなり、11月下旬以後は約5-8℃に低下した平均気温も休眠打破を促進して、休眠の深さの減少が一層進み、2月下旬-3月下旬には休眠がほぼ覚醒した。2.休眠がほぼ覚醒した根茎の萌芽に適した温度は25-30℃であった。3.戸外で育成された根茎に対する休眠打破のための低温処理は8月下旬以後が有効で、十分な休眠打破効果を得るためには、5℃で約90日間以上処理する必要があった。4.根茎がつながった状態の多くの芽を持つ根茎群を植え付けた場合には、約半数の芽しか萌芽しなかったが、1つの芽のみをもつ根茎を植え付けた場合にはすべての芽が萌芽した。
索引語休眠;芽;萌芽;処理;栽培;内生;気温;温度;低温;効果
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat