蚕遺伝資源保存における幼虫期の低温・短日処理による多化性蚕品種の効率的休眠卵誘導法

蚕遺伝資源保存における幼虫期の低温・短日処理による多化性蚕品種の効率的休眠卵誘導法

レコードナンバー720276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00018606NACSIS書誌IDAN00190300
著者名清水 久仁光
廣川 昌彦
立松 謙一郎
ほか1名
書誌名日本蠶絲學雜誌
別誌名Nihon sanshigaku zasshi
Nihon sanshigaku zasshi
The journal of sericultural science
The journal of sericultural science of Japan
日本蚕糸学雑誌
発行元日本蠶絲學會
巻号,ページ74巻・ 1号, p.1-7(2005-04)ISSN00372455
全文表示PDFファイル (528KB) 
抄録独立行政法人農業生物資源研究所で保存されている熱帯系多化性蚕品種を効率的に保存するための休眠卵の誘導条件について、低温処理法と短日処理法との組み合わせによって検討した。幼虫期の温度、日長条件に関して、1-2齢を高温長日(28℃、15L:9D)、3齢を高温短日(28℃、9L:15D)、4齢-蛹期を低温短日(21℃、9L:15D)とし、低温処理と短日処理を併用することにより、高い休眠率が得られることが明らかになった。また、系統保存飼育における全齢経過日数の延長を防ぐために、1-3齢を28℃の高温で飼育することにより、低温処理による全齢経過日数の延長を若干短縮させることができた。
索引語処理;齢;低温;保存;休眠;高温;幼虫;品種;卵;誘導
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat