ミトコンドリアDNA非コード領域の多型による系統豚「フジヨーク」の母系解析

ミトコンドリアDNA非コード領域の多型による系統豚「フジヨーク」の母系解析

レコードナンバー720907論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011654NACSIS書誌IDAN10202971
著者名井手 華子
堀内 篤
知久 幹夫
寺田 圭
奥村 直彦
書誌名日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science
発行元日本養豚学会
巻号,ページ42巻・ 3号, p.130-138(2005-09)ISSN0913882X
全文表示PDFファイル (668KB) 
抄録農畜産物の偽装表示が問題視される中、ブタやコメなどにおいてはDNA識別技術による品種判別法が確立されている。本研究では、静岡県の大ヨークシャー種系統豚「フジヨーク」を母系に利用した三元交雑豚である「静岡型銘柄豚」の識別法の開発を目指し、フジヨークの母系解析を実施した。現在、当試験場で飼養しているフジヨークおよび他県(岐阜県、徳島県、富山県)で造成された3系統を含む大ヨークシャー種系統豚についてミトコンドリアDNA・非コード領域(約710bp)の塩基配列を決定し、多型を調べた。26ヶ所の塩基置換部位が存在し、ハプロタイプとしては10タイプに分けられた。そのうちフジヨークの中の2タイプ(Ide5、Ide8)で、特異的な塩基置換部位が存在した。この部位を検出するためプライマーを設計しPCR-RFLP法により解析した結果、この2つのハプロタイプとその他8つのハプロタイプとの判別が可能であった。またこれら2つのタイプの塩基置換が、食肉市場のブタにどの程度の頻度で存在するかを調べるため、静岡県の食肉センターでと畜されたブタ198頭について調査を行ったところ、Ide5と同じものは0%、Ide8と同じものは1.5%と、静岡県内の市場では稀なタイプであることが確認された。以上のことから本法は静岡型銘柄豚の識別法として有効な手段となりうることが示唆された。
索引語系統;解析;ブタ;識別;静岡県;塩基;多型;種;銘柄;食肉
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat