木質複合構造の耐火性能に関する研究(その5)

木質複合構造の耐火性能に関する研究(その5)

レコードナンバー720963論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008574NACSIS書誌IDAA11673563
論文副題2時間耐火性能を有する柱部材試験
著者名遊佐 秀逸
増田 秀昭
並木 勝義
ほか4名
書誌名三重県科学技術振興センター林業研究部研究報告
別誌名Bulletin of the Mie Prefectural Science and Technology Promotion Center (Forestry)
Bulletin of the Forestry Research Division, Mie Prefectural Science and Technology Promotion Center
発行元三重県科学技術振興センター林業研究部
巻号,ページ17号, p.76-82(2005-03)ISSN13480510
全文表示PDFファイル (2396KB) 
抄録木質系2時間耐火構造を開発するため,鋼製柱を木材,発泡黒鉛シートで耐火被覆した仕様について,小試験体での非載荷加熱試験及び実大試験体での載荷加熱試験を実施して検討を行った。小試験体鋼製柱は300×300×10/15,長さ1mのH形鋼,実大試験体鋼製柱は250×250×9/14,長さ3.3mのH形鋼を使用し,木材はカラマツ集成材を使用した。ウエブ部分は,集成材で密実にした仕様と,木片・炭・セメント材で密実にした仕様の2種類で試験した。試験の結果,ウエブ部分を集成材で密実にした仕様については耐火2時間の性能は認められなかったが,木片・炭・セメント材で密実にした仕様については耐火2時間の性能が認められた。
索引語性能;集成材;木材;長さ;セメント;構造;研究;加熱;熱;カラマツ
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat