ヒラメParalichthys olivaceus仔稚魚の真の両面有色型黒化の発現過程における無眼側皮膚の超微細構造

ヒラメParalichthys olivaceus仔稚魚の真の両面有色型黒化の発現過程における無眼側皮膚の超微細構造

レコードナンバー721033論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名芳賀 穣
屶網 慶
竹内 俊郎
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ71巻・ 5号, p.782-790(2005-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (3095KB) 
抄録真の両面有色の発現過程を明らかにするため、主にF-Gステージ(全長8.0±0.75mm)で構成されるヒラメ仔魚を全トランスレチノイン酸(aRA)に5日間暴露して、真の両面有色型黒化を誘起後、約4日毎に皮膚を採取し、透過型電子顕微鏡で皮膚の微細構造を調べた。孵化後30日前後でaRA区ではメラノファージが見られず膠原繊維層板下に幼体型黒色素胞が見られた。孵化後40日目以降、対照区では無眼側皮膚の膠原繊維層板下に虹色素胞のみが見られたが、aRA区では黒色素胞、黄色素胞および虹色素胞が見られた。
索引語皮膚;ヒラメ;発現;繊維;板;構造;酸;透過;電子顕微鏡;微細構造
引用文献数29
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat