Y/Rを用いた紀伊水道東部海域シラス漁業の最適な漁業管理方策と禁漁効果の評価

Y/Rを用いた紀伊水道東部海域シラス漁業の最適な漁業管理方策と禁漁効果の評価

レコードナンバー721034論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名安江 尚孝
内海 遼一
森山 彰久
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ71巻・ 5号, p.791-796(2005-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (476KB) 
抄録紀伊水道東部海域のシラス漁業について、最適な禁漁日を決定する方法と、2004年3月26日から4月7日まで行われた禁漁の効果をY/Rを用いて検討した。実際の4月8日に漁業を開始した場合、効果は漁獲重量で1.60倍と試算された。理想的な場合は4月9日に漁業を開始する場合であり、その効果は漁獲重量で1.61倍となって、実際の場合と理想的な場合はほぼ一致した。今後もこの漁業管理を続けていくことが有効と考えられた。
索引語漁業;効果;水道;海域;管理;漁獲;評価;禁漁;紀伊;東部
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat