ニホンウズラにおける排卵時間と卵の卵管内滞留時間

ニホンウズラにおける排卵時間と卵の卵管内滞留時間

レコードナンバー721144論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名桑山 岳人
田中 克英
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ50巻・ 1号, p.31-33(2005-06)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (174KB) 
抄録産卵中のニホンウズラを放卵直後から6時間までのいろいろな時間に屠殺し、排卵後の卵の卵管各部位における滞留時間を検討した。その結果、排卵は放卵後の1.5時間未満に起こり、排卵された卵は、漏斗部に30分-1時間、膨大部に2時間-2時間30分、峡部におよそ3時間前後、子宮部に19-22時間前後滞留するとみなされた。また、平均放卵間隔は25時間8分であった。
索引語排卵;時間;卵;卵管;産卵;子宮;滞留;ニホンウズラ;前後;放卵直
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat