土壌還元消毒によるネグサレセンチュウ類の防除効果及び施設イチゴへの適用

土壌還元消毒によるネグサレセンチュウ類の防除効果及び施設イチゴへの適用

レコードナンバー721233論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008506NACSIS書誌IDAA11766369
著者名片瀬 雅彦
渡辺 一
市東 豊弘
久保田 祥子
上遠野 冨士夫
書誌名千葉県農業総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture Research Center
別誌名Bull. Chiba. Agric. Res. Cent.
千葉農総研研報
発行元千葉県農業総合研究センター
巻号,ページ4号, p.117-123(2005-03)ISSN13472585
全文表示PDFファイル (388KB) 
抄録土壌還元消毒のネグサレセンチュウ類に対する殺線虫効果を室内試験で明らかにし、施設イチゴの線虫防除における実用性を現地農家の施設で実証した。1.フスマを添加した土壌をナイロンメッシュで包み蒸留水に浸潰すると、土壌中のキタネグサレセンチュウ頭数は経時的に減少し、30℃で24時間、35℃で6~12時間、40℃で6時間で検出されなくなった。2.キタネグサレセンチュウ及びクルミネグサレセンチュウに対する土壌還元消毒の殺線虫効果は、これまで知られているサツマイモネコブセンチュウに対する効果と同様に高かった。3.ネグサレセンチュウ類による被害が発生しているイチゴの施設で土壌還元消毒を実施した結果、収穫終了時まで線虫害が発生せず、高い線虫防除効果が実証された。
索引語土壌還元消毒;ネグサレセンチュウ類;殺線虫効果;施設イチゴ;施設;実証;発生;室内試験;線虫防除;現地農家
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat