コカブ横縞症の発生要因

コカブ横縞症の発生要因

レコードナンバー721236論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008506NACSIS書誌IDAA11766369
著者名高野 幸成
福田 寛
猪野 誠
書誌名千葉県農業総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture Research Center
別誌名Bull. Chiba. Agric. Res. Cent.
千葉農総研研報
発行元千葉県農業総合研究センター
巻号,ページ4号, p.145-150(2005-03)ISSN13472585
全文表示PDFファイル (1065KB) 
抄録コカブに発生する横縞症について、その発生要因を明らかにした。1. コカブ横縞症は、滅菌処理した多発土壌でも発生した。2. コカブ横縞症は、根の肥大初期から発生し、生育期間の高温や土壌の高pHによって発生が高まった。3. コカブ横縞症の発生に、連作の影響は見られなかった。4. 以上のことから、コカブ横縞症は、生理障害であると推察され、高温や土壌の高pHが発生要因と考えられた。
索引語コカブ横縞症;発生;発生要因;土壌;高pH;高温;コカブ;肥大初期;生育期間;横縞症
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat