シアゾファミドによるジャガイモ疫病の防除

シアゾファミドによるジャガイモ疫病の防除

レコードナンバー721257論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名三谷 滋
蒲池 健
杉本 光二
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ30巻・ 2号, p.116-119(2005-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (276KB) 
抄録圃場におけるシアゾファミドのジャガイモ疫病防除効果を調べた。1998年から2000年に実施した予防的散布試験ではシアゾファミド67μga.i./ml、10日間隔散布および100μg/ml、14日間隔散布は対照のマンゼブ1875μga.i./ml、7日間隔散布と比較して、常に優る高い防除効果を示した。またシアゾファミドを組みこんだ体系処理は北海道地方における従来の体系処理と比較して、同等以上の防除効果を示した。更に2000年に実施した治療的散布試験において、発病が十分に認められてからシアゾファミド100μga.i./mlを散布しても、病気の進展を強く抑制した。以上のことからcyazofamidはジャガイモ疫病の防除剤として極めて有用であると思われた。
索引語散布;防除;ジャガイモ;疫病;効果;体系;処理;圃場;予防;治療
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat