キアシシロアリ,イエシロアリおよびタイワンシロアリの職蟻に対するアセタミプリドの毒性

キアシシロアリ,イエシロアリおよびタイワンシロアリの職蟻に対するアセタミプリドの毒性

レコードナンバー721265論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Mo J.
Pan C.
Zhang S.
ほか3名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ30巻・ 3号, p.187-191(2005-08)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (347KB) 
抄録中国において建造物、ダム、樹木等に被害をもたらす題記3種のシロアリに対するアセタミプリドの毒性を調べた。処理後72時間におけるLD50値は1個体あたり4.4-146×10(-11)g であった。またアセタミプリドを4.8 ppmの濃度で含む砂質土に3種シロアリの職蟻を接触させたところ、120時間以内に90%以上の個体が致死した。8.0ppmの濃度でアセタミプリドを含むローム質土壌中では、イエシロアリおよびタイワンシロアリ職蟻によるトンネル形成が完全に抑制された。
索引語毒性;種;個体;濃度;中国;ダム;樹木;被害;砂;土
引用文献数26
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat