GC/MS(SCAN)およびLC/MS(SIM)による野菜・果実中残留農薬の多成分一斉分析法

GC/MS(SCAN)およびLC/MS(SIM)による野菜・果実中残留農薬の多成分一斉分析法

レコードナンバー721295論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名柿本 芳久
苗床 義隆
岩嵜 吉哉
中村 茂
龍口 久子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ46巻・ 4号, p.153-160(2005-08)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (614KB) 
抄録著者らが既に報告したGC/MSおよびHPLCによる多成分一斉分析法の適用農薬数拡大とLC/MSの導入を検討した。GC/MSで42農薬中32農薬に対して、LC/MSでは71農薬中38農薬に対して定量可能であった。また、エチルチオメトンなど12農薬は一部の試料で回収率が不安定であったが、スクリーニング分析であれば適用可能であると思われた。この結果から既報と合わせて、本分析法で定量可能な農薬は161農薬、スクリーニング分析であれば177農薬が分析可能であると思われた。検出下限値は、0.001-0.015μg/g (GC/MS)、<0.001-0.010μg/g(LC/MS)であった。検量線の相関係数は、0.976-1.000(GC/MS)、0.968-1.000(LC/MS)であり、ほとんどの農薬で良好な直線性を示した。農薬が検出された試料およびFAPASの技能試験用試料を用いて、本法と公定法を比較したところ、ほとんどの農薬で分析値がほぼ一致し、十分な真度で分析可能であった。
索引語農薬;分析;成分;検出;野菜;果実;残留;導入;回収;性
引用文献数9
登録日2011年07月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat