浚渫土の溶出特性に関する実験的研究

浚渫土の溶出特性に関する実験的研究

レコードナンバー721526論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008147NACSIS書誌IDAN00157043
著者名井上 智裕
福江 正治
上原 弘次
ほか1名
書誌名東海大学紀要. 海洋学部
別誌名Journal of the College of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the Faculty of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the School of Marine Science and Technology, Tokai University
東海大学紀要海洋学部
海-自然と文化
発行元東海大学海洋学部
巻号,ページ3巻・ 1号, p.1-8(2005-07)ISSN13487620
全文表示PDFファイル (6075KB) 
抄録航路や泊地などの維持や海洋環境の保全を目的として浚渫工事が行われており、その度に大量の浚渫汚泥が排出されている。これまで、浚渫汚泥の多くは海洋投棄や廃棄物として処分されてきた。しかし現在、浚渫土の海洋への埋立て処分には、海洋環境保全を目的に規制が設けられており、今後さらに厳しくなる見通しである。そのため、新たな浚渫土の利用方法が必要となる。本研究では、これらの問題を解決する方法として、浚渫汚泥を肥料として貧栄養化した外洋へ施肥することを提案する。そこで本研究では、浚渫土の乾燥・焼成による栄養塩および重金属の溶出特性を把握するため、基礎的実験を行った。所定の温度により乾燥・燃成させた海底土50gをポリ容器に入れ、そこに所定の塩濃度溶液を500mL注ぎ、振とう機により6時間振とうさせ、振とう前、後の水質変化について調べた。その結果、浚渫土を乾燥・焼成することで、還元的な性質から酸化的な性質へ改善され、乾燥・焼成した浚渫土から栄養塩の溶出が認められた。また、栄養塩の溶出量は、それぞれ温度により異なり、栄養塩の溶出にはそれぞれ最適温度が存在することがわかった。このことから、乾燥・焼成した浚渫土は、肥料として有用であることが確認された。
索引語土;乾燥;栄養塩;研究;海洋;汚泥;温度;性;肥料;環境
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat