マウスにおける精子および卵子の分子相互作用

マウスにおける精子および卵子の分子相互作用

レコードナンバー721571論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名高橋 祐司
中川 浩次
河内 谷敏
ほか6名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ22巻・ 3号, p.119-127(2005-11)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1747KB) 
抄録最近、受精を司る分子が少しずつ明らかになってきた。生物学的解析および遺伝子改変マウスの解析により、精子や卵子に発現する様々な分子の機能が知られてきた。しかし、これらの分子情報は一方の配偶子に偏っており、精子および卵子の分子間相互作用については未だ明らかでない。そこで本総説では、分子間相互作用解明のヒントとなるべく卵丘細胞、透明帯および卵子細胞膜と精子の相互作用に関わる分子を紹介する。
索引語分子;精子;卵子;マウス;解析;受精;遺伝子;機能;情報;卵
引用文献数41
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat