ラット超音波処理精子頭部を用いた卵細胞質内顕微注入法による産子作出

ラット超音波処理精子頭部を用いた卵細胞質内顕微注入法による産子作出

レコードナンバー721575論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名中井 美智子
齋藤 江莉
滝澤 明子
ほか6名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ22巻・ 3号, p.159-162(2005-11)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (682KB) 
抄録ラット精子の超音波処理あるいはピエゾパルスによる頭部分離が、精子頭部注入卵の体外発生に及ぼす影響を調べた。さらに、超音波処理精子頭部を顕微注入した卵の個体への発生能も検討した。凍結融解精子をKRB中にて10秒間の超音波あるいはピエゾパルスにより頭部と尾部を分離させて、各処理精子頭部を卵細胞質内に顕微注入した。そして、2前核形成と2細胞期胚への発生を観察した。2前核形成率と2細胞期胚への発生率は、両区間において有意な差(P>0.05)は認められなかった。また、精子頭部注入10時間後に前核期に達した超音波処理精子頭部注入卵を7匹のレシピエントに移植した。その結果、5匹が妊娠し、8匹の生存産子がえられた。以上の結果より、超音波処理精子頭部を顕微注入したラット卵が個体への発生能を有すること、さらに、超音波処理あるいはピエゾパルスにより分離した精子頭部を注入した卵の、2細胞期胚までの体外発生能に差がないことが明らかとなった。
索引語精子;頭部;超音波;処理;卵;発生;ラット;分離;核;細胞
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat