経胎盤的ビスフェノールA暴露がマウス胎仔におけるアリルヒドロカーボン受容体とその関連因子および生体異物代謝酵素の発現におよぼす影響

経胎盤的ビスフェノールA暴露がマウス胎仔におけるアリルヒドロカーボン受容体とその関連因子および生体異物代謝酵素の発現におよぼす影響

レコードナンバー721595論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014744NACSIS書誌IDAA10936678
著者名西澤 華子
今西 哲
眞鍋 昇
書誌名The Journal of reproduction and development
発行元Japanese Society of Animal Reproduction
巻号,ページ51巻・ 5号, p.593-605(2005-10)ISSN09168818
全文表示PDFファイル (1986KB) 
抄録胎齢14.5および18.5日のマウス胎仔におけるアリルヒドロカーボン受容体(AhR)とその関連因子(AhRR、Arn)および生体異物代謝酵素(CYP1A1とGS)のmRNA量を定量的real-imeR-PCR法で、タンパク量をウエスタンブロット法で測定し、経胎盤的に曝露したビスフェノールA(BPA)がこれらにおよぼす影響を調べた。BPA暴露によってAhRmRNAの発現が亢進し、興味深いことに極低用量のBPA暴露(0.02μg/kg/day:環境曝露量の1/100)によってもこの発現が著しく亢進した。AhR関連因子も同様に亢進した。胎仔の肝における生体異物代謝酵素のタンパク量は胎齢18.5日においてはBPA暴露量に依存して増加した。薬物代謝機能の低い胎仔においては、極低用量のBPA曝露でもAhR受容体系の発現を撹乱することが分かった。このことが催奇形性の発現と深く関連していると考えられる。
索引語発現;代謝;因子;生体異物;酵素;胎盤;フェノール;マウス;受容体;mRNA
引用文献数52
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat