セイヨウナシ10品種における単為結果性と自家および交雑不和合性

セイヨウナシ10品種における単為結果性と自家および交雑不和合性

レコードナンバー721630論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名守谷 友紀
高井 良裕
岡田 和馬
伊藤 大雄
塩崎 雄之輔
中西 テツ
高崎 剛志
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ74巻・ 6号, p.424-430(2005-11)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (1155KB) 
抄録セイヨウナシの自家および交雑不和合性は結実率や種子数により判定されてきたが、それらの評価は明確ではない。本研究では交雑による不和合・和合の判定方法を確立するため、セイヨウナシ10品種を用いて1花そう1花の除雄無受粉、自家受粉および他家受粉を行い、各品種の単為結果性自家不和合性および品種間の交雑不和合性を調査した。ほぼすべての品種が単為結果性を有し、結実率による不和合・和合の識別はできなかった。しかし、新たに提案したself-incompaibiliy(SI)index((評価対象の交配における交配花数当たりの充実種子数)/(和合交配における交配花数当たりの充実種子数)×100)により不和合・和合の判定が可能になった。その結果、‘グランド・チャンピオン’は部分的自家和合性であり、他の品種は自家不和合性であることが明らかになった。有種子果実の品質は単為結果果実よりも優れており、単為結果性を有するセイヨウナシでも安定的な良質果実の生産には和合花粉の受粉が必要でることが明らかになった。‘フレミッシュ・ビューティー’と‘スタークリムソン’および‘バートレット’と‘セニョール・デスペラン’の二つの組み合わせが交雑不和合を示した。
索引語品種;単為結果;性;交雑;花;交配;種子;果実;結実;評価
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat