カキ‘刀根早生'の自発休眠覚醒モデルによる自発休眠覚醒期および早期加温栽培における発芽期の推定

カキ‘刀根早生'の自発休眠覚醒モデルによる自発休眠覚醒期および早期加温栽培における発芽期の推定

レコードナンバー721690論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名杉村 輝彦
浦崎 孝行
今川 順一
脇坂 勝
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ5巻・ 1号, p.45-49(2006-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (439KB) 
抄録カキ'刀根早生'の切り枝を用いて自発休眠覚醒モデル(DVRモデル)を作成した。自発休眠覚醒には5-8℃の温度が最も有効であった。奈良県における自発休眠覚醒期は12月下旬ごろと推定された。加温開始時のDVIと切り枝の発芽率が50%を超えるまでの日数との関係から、最低気温を15-18℃一定で加温した早期加温栽培における発芽期が高い精度で推定でき、モデルの適合性が確認された。
索引語休眠;覚醒;モデル;発芽;推定;カキ;根;早生;栽培;枝
引用文献数9
登録日2011年05月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat