カルシウム処理によるゴレンシ果実の貯蔵性の向上

カルシウム処理によるゴレンシ果実の貯蔵性の向上

レコードナンバー721696論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名兼田 朋子
馬場 正
大坪 孝之
池田 富喜夫
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ5巻・ 1号, p.79-83(2006-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (612KB) 
抄録ゴレンシ(Averrhoa carambola L.)果実の貯蔵性の向上を目的にカルシウム処理を行った。250、500および0ppm(無処理区)のCa-EDA溶液に、収穫直後の果実を20分間浸漬した後、果柄部のみが同じカルシウム溶液に浸るよう設置し、30℃の条件で7日間貯蔵した。果実の貯蔵性に対する効果、果実内のカルシウム濃度およびシュウ酸結晶体の観察を行った。1)250ppm区の果実は貯蔵7日目においてもその商品性を維持した。それらの果実は、0および500ppm区と比較して果皮硬度およびシュウ酸含有量が高く、また呼吸量が抑制されていた。2)処理を行うことで果実内のすべての部位のカルシウム濃度は増大した。その値は、果肉や果皮と比較して綾部で最大を示した。3)皮層の最外細胞層に多面体のシュウ酸結晶体が充満して存在した。それらの大きさは、他の作物のそれと比較して小さいものであったことから、カルシウム処理に伴う食味への不快感は少ないものと考えられた。これらの結果から、カルシウム処理はゴレンシの貯蔵性を向上させる手段の一つとして有効であると考えられた。
索引語果実;カルシウム;処理;貯蔵;性;酸;濃度;果皮;収穫;浸漬
引用文献数18
登録日2011年05月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat