施肥法がホウレンソウ中硝酸イオン濃度に及ぼす影響

施肥法がホウレンソウ中硝酸イオン濃度に及ぼす影響

レコードナンバー721728論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002372NACSIS書誌IDAA11567599
著者名浅野 雄二
加藤 昌亮
袖垣 一也
書誌名岐阜県中山間農業技術研究所研究報告 = Bulletin of the Gifu Prefectural Research Institute for Agricultural Sciences in Hilly and Mountainous Areas
別誌名Bulletin of the Gifu Prefectu[r]al Research Institute of Agricultu[r]al Science in Hilly and Mountainous Areas
Bulletin of the Gifu Prefectual Research Institute of Agricultual Science in Hilly and Mountainous Areas
発行元岐阜県中山間農業技術研究所
巻号,ページ4号, p.1-5(2005-08)ISSN13465708
全文表示PDFファイル (602KB) 
抄録硝酸イオンは過剰摂取すると人体に悪影響を及ぼすといわれている。そこで飛騨地域の主要野菜である雨よけ栽培ホウレンソウ(春-秋作)について施肥法と減肥により作物体中の硝酸イオン濃度低減を試みた。全層混和減肥では慣行施肥体系(平成15年ぎふクリーン農業施肥体系)より20%の減肥を行うことで収量を確保しながら作物体の硝酸イオン濃度を22%低減することができた。潅水同時施肥法は33%の硝酸イオン濃度低減ができたが、肥料成分が下層土へ移行せず十分な収量が得られなかった。局所施肥法は全窒素2.5~5.0kg/10a(1作当たり)の施肥量を局所施肥した場合、12%の増収、34%の硝酸イオン低減となり全層混和法での硝酸イオン低減より有効と考えられた。この局所施肥法での施肥体系は-N19.3kg/10a(4作合計)程度とすることが妥当と考えられた。しかし、不明な点が多く施肥量、肥料の種類等を検討する必要があると考えられた。
索引語施肥;硝酸;イオン;濃度;体系;ホウレンソウ;作物;収量;肥料;施肥量
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat