ジベレリンおよび低温処理がセルリーの種子発芽に及ぼす影響

ジベレリンおよび低温処理がセルリーの種子発芽に及ぼす影響

レコードナンバー721770論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003018NACSIS書誌IDAA11581705
著者名久保 廣安
山崎 敦子
伴 千代子
ほか2名
書誌名九州大学農学部農場研究報告 = Bulletin of the Kyushu University Farm
別誌名農場研究報告
発行元九州大学農学部附属農場
巻号,ページ12号, p.26-29(2005-10)ISSN13465643
全文表示PDFファイル (250KB) 
抄録セルリーにおける種子発芽の促進を目的として、異なる温度条件下でのセルリーの発芽に及ぼすジベレリン濃度と低温湿潤(5℃・暗黒)処理の影響について調査した。その結果、30℃ではジベレリンによる発芽促進効果は見られなかったが、20、25℃条件下では播種前にGA3-1mg/1処理を行うことにより、発芽開始が早くなった。一方、播種前に低温湿潤処理を行った場合、20℃条件下でわずかに発芽促進効果が見られたが、それ以上の温度では、効果は認められなかった。以上のことから、セルリー種子の発芽促進には播種前のジベレリン処理が有効であることが明らかになった。
索引語発芽;処理;ジベレリン;セルリー;促進;低温;種子;条件;効果;播種
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat