かき殻除去による底質改善

かき殻除去による底質改善

レコードナンバー721807論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008383NACSIS書誌IDAN00212447
著者名山地 幹成
前川 啓一
書誌名広島県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of Hiroshima Fisheries Experimental Station
発行元広島県水産試験場
巻号,ページ23号, p.15-18(2005-03)ISSN03876039
全文表示PDFファイル (310KB) 
抄録かき養殖漁場において,海底に堆積したかき殻の除去が底質環境に与える影響を調査した。かき殻を除去した試験区は,江田島湾北部かき漁場の水深14mの海底に設けて,2003年8月から2004年2月まで底質調査を実施した。その結果,底泥中のCOD及び全硫化物は50日目までに,それぞれ除去前の29.1%,35.7%に減少した。CODと全硫化物に基づく底質の有機汚染度の基準では,「汚染泥」から「やや汚染の始まりかかった泥」となり,一時的に底質の改善が見られた。しかし,198日後の調査では,再び「汚染泥」の基準に戻っており,かき漁場の底質を改善させるためには,かき殻除去と併せて底質への有機物の負荷量を減少させる方策を行う必要があると考えられた。
索引語底質;殻;漁場;調査;海底;COD;硫化物;汚染;養殖;環境
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat