付着乳酸菌事前培養液の添加がイネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響

付着乳酸菌事前培養液の添加がイネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響

レコードナンバー721967論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011336NACSIS書誌IDAA11644791
著者名斉藤 健一
米本 貞夫
書誌名千葉県畜産総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Livestock Research Center
別誌名千葉畜セ研報
発行元千葉県畜産総合研究センター
巻号,ページ5号, p.59-63(2005-11)ISSN13469746
全文表示PDFファイル (444KB) 
抄録飼料イネヘの付着乳酸菌事前培養液(FJLB)の添加効果を確認するため、飼料添加用グルコースと調理用上白糖の2種類の糖原料を用いて別々に調製したFJLBにより、現地での実証試験を行なった。収穫には水分含量72.6%の乳熟期のふさおとめを用い、フレール型専用収穫機により調製を行なった。イネの刈取高さは地上高約14cmで、添加剤の添加量は現物重量当り約0.6%であった。サイレージは約315日間野外で貯蔵後開封し、発酵品質を調査した。その結果、イネWCSのpHは3.9以下まで低下し、乳酸含量は新鮮物中1.4%以上生成されていた。酪酸含量は約O.05%と極わずかな生成量にとどまり、Vスコアで約90点、フリーク評点でも80点以上の高得点を示し、発酵品質が優れていた。カビ発生による乾物廃棄割合は2.0%以下で、カビの発生量は少なかった。
索引語添加;発酵;品質;付着;乳酸菌;培養;飼料;糖;調製;イネ
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat