活性炭フロアブル剤を利用したアスパラガスのアレロパシー軽減技術

活性炭フロアブル剤を利用したアスパラガスのアレロパシー軽減技術

レコードナンバー722018論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015891NACSIS書誌IDAN00330035
著者名元木 悟
服部 俊雄
鈴村 一郎
ほか3名
書誌名長野県野菜花き試験場報告
別誌名Bulletin of the Nagano Vegetable and Ornamental Crops Experiment Station
発行元長野県野菜花き試験場
巻号,ページ12号, p.31-36(2006-03)ISSN02861321
全文表示PDFファイル (437KB) 
抄録長野県のアスパラガス(Asparagus officinalis L.)の栽培面積は1,930ha(1999年)で,毎年200ha程度が改植されている.アスパラガスでは改植した後に新植圃場に比べて減収したり,若年株から欠株が発生するなどの障害が多く見られ,その一因としてアレロパシーの関与が知られている.本研究では,活性炭フロアブル剤(以下,活性炭F)のアレロパシー軽減効果について検討した.指標植物としてレタス(Lactuca sativa L.)およびアスパラガスの1年株を用いて検定を行った結果,活性炭Fのアスパラガスに対するアレロパシー軽減効果および生育促進効果が認められた.さらに,活性炭Fの適応性試験を行った3カ所の現地のいずれでも,活性炭Fの25~100倍希釈液を処理すると,アスパラガス株の生育がおう盛になり,特に地下部重,貯蔵根数,株養成量,GI'(生産指数)について処理区が無処理区に優った.これらから,活性炭Fは圃場レベルでもアスパラガスのアレロパシー軽減効果が高いと推察された.
索引語活性炭;アスパラガス;アレロパシー;効果;生育;処理;フロアブル剤;圃場;技術;長野県
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat