オゾンガスによる菌茸生産施設の空間殺菌方法

オゾンガスによる菌茸生産施設の空間殺菌方法

レコードナンバー722020論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015891NACSIS書誌IDAN00330035
著者名角田 茂幸
小川原 清登
書誌名長野県野菜花き試験場報告
別誌名Bulletin of the Nagano Vegetable and Ornamental Crops Experiment Station
発行元長野県野菜花き試験場
巻号,ページ12号, p.49-52(2006-03)ISSN02861321
全文表示PDFファイル (219KB) 
抄録(1)オゾンガスを濃度1ppmで,7時間処理することにより,きのこ栽培の接種室に必要とされる90mmシャーレ30分開放で落下菌0~1個程度の環境浄化が期待できると考えられた.(2)オゾンガスを1ppmで処理した後,オゾンガスが自然分解し,労働環境における許容濃度である0.1ppm以下に低下するまでには,オゾンガス発生停止後5時間程度を要した.(3)この技術は,笠原工業(株)と共同で2000年4月に特許出願を行った.
索引語オゾン;ガス;環境;生産;施設;空間;殺菌;濃度;きのこ;栽培
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat