東京大学千葉演習林および関東周辺におけるモミ天然林のアロザイム変異

東京大学千葉演習林および関東周辺におけるモミ天然林のアロザイム変異

レコードナンバー722044論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00018015NACSIS書誌IDAN00162451
著者名斉藤 陽子
藤平 晃司
鈴木 祐紀
里見 重成
米道 学
井出 雄二
書誌名東京大学農学部演習林報告
別誌名Bulletin of the Tokyo University Forests
巻号,ページ113号, p.1-10(2005-06)ISSN03716007
全文表示PDFファイル (585KB) 
抄録東京大学千葉演習林内2箇所および関東地方周辺3箇所(高尾、丹沢、天城)の合計5箇所のモミ天然林集団について8アロザイム遺伝子座の遺伝的変異を調べた。各集団内の遺伝的変異Heは0.077-0.147(平均0.116)であり、他の長命の樹木種や日本産針葉樹木と比較して低く、他のモミ属樹木とのみ比較してもやや低かった。集団内変異が最も高かったのは天城集団であり、千葉演習林内の2集団は他集団と同程度の遺伝的変異を保持していた。遺伝的分化係数G(S)は0.025で、遺伝的変異の大部分が集団内にあり、5つの集団間はほとんど分化していなかった。その中でも特に千葉演習林内の2集団は遺伝的に1つのまとまりと考えることができ、他方、高尾集団は他の集団と遺伝的に最も異なるという構造が示唆された。千葉演習林におけるモミ天然林集団は関東周辺のモミ天然林集団に典型的な遺伝的変異を持つと考えられた。
索引語集団;変異;天然林;樹木;分化;関東地方;遺伝子座;種;針葉樹;モミ属
引用文献数31
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat