和歌山県のカキ園およびカンキツ園の雑草におけるミカンキイロアザミウマとネギアザミウマの発生消長

和歌山県のカキ園およびカンキツ園の雑草におけるミカンキイロアザミウマとネギアザミウマの発生消長

レコードナンバー722069論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名森下 正彦
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ49巻・ 4号, p.195-203(2005-11)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (684KB) 
抄録ミカンキイロアザミウマは、カキ園とカンキツ園においてミドリハコベ、ホトケノザなどの1年生冬草で越冬し、春になると1年生冬草の現存量増大に伴い個体数が増加し、5月には最初の発生ピークを迎えた。その後一時的に密度は減少するが、7-8月に1年生夏草のエノコログサなどが繁茂すると再び増殖して最も密度が高まり、カキ早生品種「刀根早生」が9月上旬に着色を始めると、成虫が果実を加害した。このように本種の個体群密度は果樹園内の増殖源である雑草の現存量に依存して増減しながら周年発生した。一方、ネギアザミウマはミカンキイロアザミウマと同様にミドリハコベやヤハズエンドウで越冬し、5-6月に同寄主上で発生ピークを迎えるが、その後は密度が低下したままで冬に至った。
索引語発生;密度;カキ;冬;雑草;草;増殖;和歌山県;消長;春
引用文献数32
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat