ホウレンソウケナガコナダニの高温耐性ならびにオンシツケナガコナダニ,ケナガコナダニ,ロビンネダニとの種間比較

ホウレンソウケナガコナダニの高温耐性ならびにオンシツケナガコナダニ,ケナガコナダニ,ロビンネダニとの種間比較

レコードナンバー722084論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名春日 志高
本多 健一郎
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ50巻・ 1号, p.19-23(2006-02)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (539KB) 
抄録熱処理によるホウレンソウケナガコナダニ防除の基礎資料を得るため、本種が死滅する温度および処理時間を調査した。成虫よりも卵の高温耐性が高かったが、卵、成虫ともに40℃-24時間、45℃-3時間、あるいは50℃-1時間処理で死滅した。これらの温度条件は熱水土壌消毒や蒸気土壌消毒で十分に実現可能であり、本種を対象とした場合には土壌病害対策を目的とした処理量よりも熱水や蒸気の量を減らすことも可能と考えられた。近縁のオンシツケナガコナダニ、ケナガコナダニ、そしてロビンネダニでも同様の試験を行い、ホウレンソウケナガコナダニの高温耐性と比較したところ、ホウレンソウケナガコナダニの高温耐性はケナガコナダニ属3種のうちで最も低く、ロビンネダニに近かった。高温耐性が低かったホウレンソウケナガコナダニとロビンネダニの共通点は土壌に生息することであるため、温度変動の少ない土壌環境に適応した両種では、高温耐性は発達しなかったと推測される。
索引語高温;耐性;種;温度;成虫;卵;処理;土壌消毒;土壌;防除
引用文献数15
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat