大雪山高山帯における訪花性ハエ目,ハチ目の種構成

大雪山高山帯における訪花性ハエ目,ハチ目の種構成

レコードナンバー722085論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名昆野 安彦
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ50巻・ 1号, p.25-32(2006-02)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (669KB) 
抄録大雪山国立公園の白雲岳(2240m)高山帯においてウラジロナナカマド、ウコンウツギ、チシマノキンバイソウに訪花したハエ目とハチ目の多様性を調べた。その結果、全調査の合計で9科35種317個体のハエ目とハチ目が得られた。内訳はハナアブ科が21種204個体、オドリバエ科が1種7個体、クロバエ科が1種2個体、ハナバエ科が2種52個体、ヒメハナバチ科が2種5個体、コハナバチ科が1種19個体、ミツバチ科が3種17個体、ハバチ科が2種4個体、コンボウハバチ科が2種7個体で、大雪山高山帯では訪花昆虫としてハエ目が優占し、とくにハナアブ科が種数、個体数ともに優占していることが明らかになった。高山植物別に見ると、ウラジロナナカマドとウコンウツギではハナアブ科が優占していたが、チシマノキンバイソウではハナバエ科が優占していた。種多様度(1/D)はウコンウツギが9.7でもっとも高く、ウラジロナナカマドとチシマノキンバイソウではそれぞれ7.2と3.9であった。高山植物間の種構成の類似度指数(QS)はウラジロナナカマドとウコンウツギでは0.71と高い値を示したが、ウラジロナナカマドとチシマノキンバイソウでは0.28、ウコンウツギとチシマノキンバイソウでは0.32とそれぞれ低い値を示した。ウラジロナナカマドについては赤岳(2、078m)でも調査を行ったが、白雲岳との種構成の類似度QSは0.55であり、同種の花であっても調査地点が異なると訪花昆虫の種構成が異なることが明らかになった。大雪山高山帯への侵入が警戒されているセイヨウオオマルハナバチについては採集も目撃もできなかった。
索引語種;個体;目;ハチ;調査;ハバチ科;ミツバチ科;花;侵入;採集
引用文献数36
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat