網走地域の淡色黒ボク土地帯におけるリン酸・カリウム減肥がテンサイの生育と収量に及ぼす影響

網走地域の淡色黒ボク土地帯におけるリン酸・カリウム減肥がテンサイの生育と収量に及ぼす影響

レコードナンバー722112論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名吉田 穂積
伊藤 博武
小松 輝行
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ74巻・ 4号, p.450-455(2005-12)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (508KB) 
抄録北海道東部に位置する網走市から斜里町にかける地域の淡色黒ボク土地帯ではリン酸肥料の過剰投入やカリウムの土壌への蓄積が認められ、施肥量の適正化が強く求められている。本研究では2001年から3ヶ年間にわたり当地域で現在慣行的に施肥されているリン酸とカリウム施肥量をそれぞれ25%と33%減肥し、テンサイの生育と収量に及ぼす影響について検討した。減肥区の土壌の有効態リン酸含有量と交換性カリウム含有量は、慣行施肥区に比べ低く推移する傾向にあったが、いずれも北海道の土壌診断基準値以上で推移していた。テンサイの草丈、葉数、根周は、3ヶ年とも減肥区と慣行施肥区の間に有意差が認められなかった。2002年の糖度は、減肥区が慣行施肥区に比べ高かったが、茎葉重量、根重量および糖収量とも減肥区と慣行施肥区との間に有意差は認められなかった。更に、2003年にリン酸38%減肥と50%減肥及びカリウム100%減肥がテンサイ収量に及ぼす影響を検討したところ、いずれの減肥試験区でも茎葉重量、根重量、糖度および糖収量に慣行施肥区との有意差は認められなかったことから網走地域における淡色黒ボク土では現行の施肥量よりもリン酸とカリウムを減肥できるものと考えられた。
索引語カリウム;施肥;リン酸;収量;地域;テンサイ;黒ボク土;施肥量;根;生育
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat