牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛多発事例における5'非コード領域およびE2遺伝子の解析

牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛多発事例における5'非コード領域およびE2遺伝子の解析

レコードナンバー722134論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名林 みち子
村上 俊明
高井 光
ほか3名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ58巻・ 11号, p.741-745(2005-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (620KB) 
抄録2003年、1酪農団地内の3戸(A、B、C)の農家において、3-12ヵ月齢の育成牛6頭(A農家4頭、B農家およびC農家各1頭)が牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)持続感染(PI)牛と診断された。原因ウイルスの疫学を明らかにするため、分離株の遺伝子解析を行った。5'非コード領域(5'NCR)の解析では、6株中5株(A農家4株とC農家1株)の分離株の塩基配列は同一であり、この酪農団地とは別の地域で1999年に分離された1株(IS17/99)とも一致したが、B農家の1株とは90.8%の相同性であった。いっぽう、E2遺伝子の解析では、A農家分離株4株と隣接するC農家分離株は高い相同性(99.1-100%)を示したが、5'NCRが同一であった他の地域の分離株とは94.9-95.7%であり、同一団地内であるが交流のないB農家分離株とは70.4%の相同性を示したのにすぎなかった。また、B農家分離株は隣接する農家で1999年にPI牛から分離された株と5'NCRおよびE2遺伝子が100%の相同性を示し、隣接農家からのウイルス伝播が示唆された。以上から、E2遺伝子の解析は疫学的な調査に有用であると考えられた。
索引語農家;分離;ウイルス;性;遺伝子;解析;団地;下痢;感染;酪農
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat