わが国に輸入されたカメおよびトカゲ類におけるSalmonellaの保有状況

わが国に輸入されたカメおよびトカゲ類におけるSalmonellaの保有状況

レコードナンバー722139論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名中臺 文
加藤 行男
黒木 俊郎
ほか7名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ58巻・ 11号, p.768-772(2005-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (434KB) 
抄録2001年および2004年に、ペットとして9カ国から日本に輸入された直後のカメ類およびトカゲ類91匹におけるSalmonellaの保有状況を調査したところ、56.0%(51/91)から本菌が分離された。分離された66株は4生物群に型別され、生物群I群の割合(59.1%)が最も高かった。66株中34株は18の血清型に型別され、S. Welevreden(n=5)が最も多く、次いでS. Anaum(n=4)、S. Durban(n=3)、S. Senfenberg(n=3)の順であった。また、分離株の7.6%(5/66)が薬剤耐性を示した。以上の結果から、わが国に輸入されるペット用のは虫類は、輸入された時点ですでに高率にSalmonellaを保有していることが明らかとなった。
索引語分離;生物;日本;血清;薬剤;耐性;輸入;保有;わが国;カメ
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat