ベンチアバリカルブイソプロピルのPhytophthora infestansに対する殺菌活性と疫病防除効果

ベンチアバリカルブイソプロピルのPhytophthora infestansに対する殺菌活性と疫病防除効果

レコードナンバー722240論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名三宅 裕
境 潤悦
柴田 卓
ほか4名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ30巻・ 4号, p.390-396(2005-11)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (667KB) 
抄録ベンチアバリカルブイソプロピルはシステミックな活性を有するアミノ酸アミドカーバメートに属する新規殺菌剤であり、ジャガイモやトマトなどの疫病に卓効を示し、メタラキシル耐性菌に対しても有効である。本剤はジャガイモ疫病菌の遊走子の放出や運動に対してほとんど影響しないものの、菌糸の生育、遊走子のうの直接発芽や被のう胞子発芽を強く抑え、遊走子のうの形成自体も低濃度で阻害することが明らかとなった。温室内試験により、本剤が予防活性、治療活性とともに浸達性を有しており、耐雨性や残効性も良好であることがわかった。また本剤は植物体内における篩管を介する下位葉から上位葉への移行はほとんど認められなかったが、導管を介した根部から地上部への吸収移行性は高かった。さらに圃場においては、25、75gai/haの低薬量でトマトおよびジャガイモ疫病に対して優れた防除効果を示した。
索引語活性;疫病;ジャガイモ;遊走子;防除;効果;トマト;発芽;性;葉
引用文献数12
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat