イネcaffeic acid 3-O-methyltransferaseのクローニングおよび機能解析

イネcaffeic acid 3-O-methyltransferaseのクローニングおよび機能解析

レコードナンバー722253論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名山野 剛
長谷川 守文
林 鳳秋
ほか3名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ31巻・ 1号, p.47-53(2006-02)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (641KB) 
抄録イネファイトアレキシンの一つであるサクラネチンの生合成酵素 naringenin 7-O-mehylransferase(NOM)の既に報告されている部分アミノ酸配列を用いて、UV処理したイネ葉のcDNAからO-mehylransferase cDNAをクローニングした。しかし、大腸菌で発現した融合たんぱく質(約41 kDa)はNOM活性を示さず、caffeic acid 3-O-mehylransferaseの活性を示した。定量R-PCRの結果、その遺伝子は発芽後1ミ5週間のイネで構成的に発現しており、塩化銅、ジャスモン酸及びUV処理による誘導性はないことが明らかとなった。基質特異性を調べた結果、B環に隣接している水酸基を二つ持つフラボノイド系化合物が良い基質となることが分かった。これらの結果から、以前に報告されたNOMの部分アミノ酸配列はNOMではなく、caffeic acid 3-O-mehylransferaseのものであることが明らかとなった。
索引語イネ;アミノ酸配列;活性;処理;機能;解析;生合成;酵素;葉;遺伝子
引用文献数23
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat