アメダスによる直達,散乱日射量時別値の推定

アメダスによる直達,散乱日射量時別値の推定

レコードナンバー722319論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名植山 秀紀
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ61巻・ 4号, p.207-216(2005-12)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (664KB) 
抄録中山間地域のように、多様な日射量分布を示す複雑地形地域の日射環境を評価するには、メッシュ図の作成が有効である。そのため、高解像度のメッシュ日射量分布図を作成する手法が開発されたが、高解像度のメッシュ図の作成には、太陽位置毎の直達、散乱日射量の値が必要である。そこで、アメダスの気象観測値を用いて、直達、散乱日射量の時別値の、月平均値、旬平均値、半旬平均値を推定する手法を開発した。本手法ではまず、日照率、降水量そして水平面大気外日射量の時別値を説明変数とする重回帰式により、直達日射の大気透過率の時別値を推定し、直達日射量を求める。そして、渡辺ら(1983)の式を用いて推定した、散乱日射時別値の無次元指標を用いて散乱日射量を求める。本手法に必要な、大気透過率および無次元指標の推定式は、潮岬気象台における、全天日射と直達日射の1991~2000年の観測値を用いて作成した。本手法による推定値を、日本の11地点にある気象台の観測値と比較したところ、月平均、旬平均、半旬平均のいずれにおいても、RMSEで0.0~0.2MJ・m(-2)・h(-1)の精度で推定できた。さらに、アメダスポイントから6km離れた中山間域における直達、散乱日射量の観測値と比較したところ、半旬平均値の場合、気象台における値よりも推定精度は劣ったが、月平均値および旬平均値においては、RMSEで0.0~0.2MJ・m(-2)・h(-1)となり、同程度の精度で推定された。
索引語日射;推定;観測;精度;中山間;地域;分布;指標;地形;環境
引用文献数20
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat