和歌山県における「キヌヒカリ」の品質低下要因の解析(第1報)

和歌山県における「キヌヒカリ」の品質低下要因の解析(第1報)

レコードナンバー722533論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
論文副題移植時期が収量および品質に及ぼす影響
著者名宮本 芳城
川村 和史
梅本 哲矢
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ6号, p.13-23(2005-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (902KB) 
抄録県産米「キヌヒカリ」の品質低下の主な原因となっている心白粒など白未熟粒の発生要因を明らかにするため、移植時期と収量、品質との関係を検討し、登熟初中期にあたる出穂後20日間の気象要因の影響について解析した。1.移植時期と収量および収量構成要素との関係は明らかではなかった。2.移植時期と白未熟粒発生との関係は年次によって差がみられるが、移植時期は遅いほど白未熟粒の発生が減少する傾向が認められた。3.白未熟粒の発生と出穂後20日間の日最高気温の平均および日平均気温の平均との間に高い相関が認められ、この期間の温度が高いと白未熟粒の発生が増加したまた、この関係は栽培条件の異なる現地ほ場においても認められた。4.出穂後20日間の平均日照時間が長いほど白未熟粒発生割合が高くなる傾向がみられた。また、過度な日照不足は粒の充実不足を招き、白未熟粒の発生につながると考えられた。5.得られた近似式から「キヌヒカリ」の白未熟粒の発生を少なくするためには、出穂後20日間の日平均気温の平均を26.1℃以下、かつ日最高気温の平均を31.4℃以下にすることが有効であった。それには和歌山県北部の平坦地では出穂期を8月15日以降に遅らす必要があり、このときの移植時期は6月21日以降であった。
索引語粒;発生;未熟;移植;時期;出穂;気温;品質;要因;収量
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat