1993年から2004年における広島湾産麻痺貝毒産生渦鞭毛藻の発生状況とその毒組成について

1993年から2004年における広島湾産麻痺貝毒産生渦鞭毛藻の発生状況とその毒組成について

レコードナンバー722652論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名浅川 学
高山 晴義
別府 理英子
ほか1名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ46巻・ 6号, p.246-250(2005-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (507KB) 
抄録1993年から2004年にかけて広島湾内の呉湾、海田湾で有毒渦鞭毛藻Alexandrium amarenseの発生状況を調査するとともに、単離した5株ならびに垂下実験により毒化させた二枚貝の麻痺性貝毒(PSP)組成を調べた。A. amarenseの出現最高密度は呉湾では1400細胞/mL(1997年4月)、海田湾では2500細胞/mL(1996年5月)を示し、両湾の環境がA. amarenseに対して高い増殖促進能を有することが示唆された。A. amarense5株は、いずれもβエピマーを54.9-73.0mol%含んでいたが、1997年に呉湾と海田湾で分離した株の低毒性成分C2(PX2)含量はそれぞれ50.0および60.4mol%であり、他の株に比べて高い値を示した。また、同時期に呉湾で毒化したマガキおよびムラサキイガイは、αエピマーをそれぞれ59.9および71.8mol%、C2を7.6および1.8mol%含むことから、二枚貝生体内におけるPSPの組成変化が示唆された。
索引語麻痺;貝毒;産生;発生;毒;組成;単離;性;出現;密度
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat