胚の発生段階に基づくクロソイ親魚選別による出産さんの同調化

胚の発生段階に基づくクロソイ親魚選別による出産さんの同調化

レコードナンバー722777論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名中川 雅弘
大河内 裕之
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ53巻・ 4号, p.343-348(2005-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (379KB) 
抄録散発的に行われるクロソイ親魚の出産の集中度を高めることを目的として選別試験を実施した。カニュレーションによって得られた胚の発生段階から、出産日が近いと判断された親魚を選別し、選別しなかった区と3年間にわたり出産状況を比較した。その結果、選別によって出産期間が短縮され、出産の同調が有意に高まった。カニュレーションを用いた親魚選別法により、集中的に多数のふ化仔魚を得ることが可能となり、種苗生産の効率化に寄与するものと期待される。また、胚の発生段階から予測された出産予定日と実際の出産期間がほぼ一致した。今後は異なる胚を持つ親魚の出産の同調技術に発展させ、高い遺伝的多様性を維持できる種苗生産技術に展開することが重要な課題である。
索引語胚;発生;親;選別;種苗生産;技術;段階;クロソイ;産;同調
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat