農業水路における魚類遡上の日周性および降雨との関係

農業水路における魚類遡上の日周性および降雨との関係

レコードナンバー722778論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名中村 智幸
尾田 紀夫
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ53巻・ 4号, p.349-354(2005-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (369KB) 
抄録1999、2000年の4~10月に、栃木県の那珂川水系の農業水路において、魚類の遡上の日周性および降雨と遡上との関係を調査した。産卵遡上時にオイカワ成魚は昼行性、ギバチ成魚は夜行性であり、非産卵期の遡上時にカワムツ幼魚、ウグイ幼魚、タモロコ成魚、タナゴ成魚、ドジョウ成魚、シマドジョウ成魚は昼行性であった。また、ドジョウ成魚では産卵期・非産卵期ともに、ギバチ成魚では産卵期に、非降雨日に比べて降雨日に遡上数が多かった。これに対して、タモロコ成魚では産卵期・非産卵期ともに、カワムツ幼魚とウグイ幼魚では非産卵期に、遡上と降雨との間に有意な関係は認められなかった。
索引語農業;水路;魚類;日周;性;栃木県;産卵;産卵期;遡上;降雨
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat