長崎県沿岸におけるヒジキ生育不良現象を摂食によって誘発している原因魚種

長崎県沿岸におけるヒジキ生育不良現象を摂食によって誘発している原因魚種

レコードナンバー722787論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名桐山 隆哉
藤井 明彦
藤田 雄二
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ53巻・ 4号, p.419-423(2005-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (361KB) 
抄録ヒジキの生育不良現象が魚類の摂食によると推察されている長崎県下の12箇所で2004年11月に調査を行い、内ヒジキが採集できた11カ所で藻体に残された痕跡から原因魚種の推定を試みた。採集したほとんどの個体は葉や主枝が上部から切断されて短く、生長阻害がみられた。切断された個体の49~83%に魚の摂食痕が認められ、これらの切断は魚の摂食によるものと考えられた。摂食により切断されたヒジキの割合を魚種別にみると、アイゴが89%、ノトイスズミが9%、両種が2%であった。長崎県下の生育不良現象は主にアイゴによって引き起こされ、次いでノトイスズミの影響が大きいと考えられた。潮間帯から漸深帯上部でも多くの海藻に魚類の摂食による生長阻害と低密度化が観察された。
索引語長崎県;沿岸;ヒジキ;生育;摂食;種;魚類;調査;推定;個体
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat