ラクトフォリンの発見とその特性

ラクトフォリンの発見とその特性

レコードナンバー723504論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名菅野 長右エ門
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ54巻・ 3号, p.145-150(2005-12)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (638KB) 
抄録ラクトフォリン(lacophorin;LP)の発見の端緒は、乳脂肪球膜(MFGM)から調製した可溶性糖タンパク質(SGP)の免疫学的性質を調べるために作製したポリクローナル、抗-SGP抗体、とホエータンパク質を二重免疫拡散法で反応したところ、1本の沈降線の出現が観察されたことで始まる。しかもホエーの沈降線はSGPの主沈降線と融合し、ホエータンパク質で吸収した抗体ではいずれの沈降線も消失した。可溶性糖タンパク質(Soluble glycoproein:SGP)とは、MFGMの脱脂後に塩溶液可溶となる多分散性の糖タンパク質で、分子量は139k、糖含量は31%、等電点はpH4.4-5.7、沈降係数は6.10、拡散係数は3.79、偏比容は0.71、摩擦比f/foは2.16、吸光係数は1.84の性質をもっている。naive PAGEでは1本の幅広いバンドであるが、SDS-PAGEによる構成ポリペプチド数は7本あり、これらの分子量は10-88kで、主要な糖ペプチドの分子量は27kである。なお、本稿では菅野らのLPに関する研究を中心に述べるが、他に、フランスのNRAのG.Lindenグループによる多くの研究があり、彼らによる総説があるので参照されたい。
索引語特性;脂肪;膜;可溶性;糖タンパク質;抗体;タンパク質;免疫;拡散;沈降
引用文献数32
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat