ギンヒカリの肉質と食味

ギンヒカリの肉質と食味

レコードナンバー723536論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名茂木 実
吉野 功
垣田 誉志史
ほか3名
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ10号, p.40-49(2004-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (468KB) 
抄録群馬県水産試験場川場養魚センターでは、刺身用等の素材として新たな品種を開発する目的で3年成熟系ニジマスを選抜育種により固定化し「ギンヒカリ」と命名した。そして、固定化に成功した後はギンヒカリの生物学的特性に関する研究を行い、飼育技術の確立を目指している。しかし、この家系は従来から普通のニジマスより味が良いとされているが、それを立証する明確な評価はなされていなかった。そこで、実際に肉質分析により栄養成分の特徴を解析するとともに、普及において最も重要な要素となる食味を評価するため、官能検査を実施した。
索引語肉質;群馬県;素材;品種;成熟;ニジマス;選抜;育種;固定化;特性
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat