コムギおよびオオムギにおける家系図から計算した近縁係数と分子マーカーから推定した遺伝的距離との関係

コムギおよびオオムギにおける家系図から計算した近縁係数と分子マーカーから推定した遺伝的距離との関係

レコードナンバー723573論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名小林 俊一
吉田 智彦
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ75巻・ 2号, p.175-181(2006-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (636KB) 
抄録品種育成において、交配親を選定する際に遺伝的背景を把握しておくことは、育種の効率化のために有効である。そこで、関東周辺地域のムギ類品種を用い、交配記録の系譜から統計的に近縁係数を算出した。次にこれらの品種間でRAPD分析による同一のバンドを示すDNAマーカー数と根井の遺伝的距離Dを算出した。同一のマーカー数と近縁係数の間の相関係数はコムギで0.581-0.904、オオムギでは0.731-0.805であった。遺伝的距離と近縁係数の間の相関係数はコムギで-0.511--0.892、オオムギでは-0.659--0.770であった。このことは、コムギ、オオムギにおいて今回の分子マーカーから得た遺伝情報は、育成の過程で後代にほぼ均等に分離していったことを示すと考えられた。遺伝情報を利用したDNAマーカーおよび近縁係数による簡易な血縁関係の推定は利用価値が高いと考えられる。なお、同一マーカー数と遺伝的距離の相関係数は極めて高かった。遺伝的な多様性の維持を意識しながら品種育成するためにもこれらの情報の有効利用が必要と考えられた。
索引語マーカー;コムギ;オオムギ;遺伝的距離;品種;育成;分子;交配;DNA;推定
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat