阿蘇地方におけるヤーコン(Smallanthus sonchifolius)栽培とそのサイレージ調製

阿蘇地方におけるヤーコン(Smallanthus sonchifolius)栽培とそのサイレージ調製

レコードナンバー723600論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015111NACSIS書誌IDAN00381003
著者名椛田 聖孝
岡本 智伸
小池 晶琴
本田 知史
本田 憲昭
松田 靖
村田 達郎
書誌名九州東海大学農学部紀要
別誌名Proceedings of School of Agriculture, Kyushu Tokai University
Proceedings of Faculty of Agriculture, Kyushu Tokai University
発行元九州東海大学農学部
巻号,ページ25巻・ p.9-14(2006-03)ISSN02868180
全文表示PDFファイル (1000KB) 
抄録ヤーコン(Smallanthus sonchifolius(Poepp. & Endl.)H. Robinson)は、南米アンデス地方を起源とするキク科の作物で、標高2000m内外のアンデス地帯で栽培されている。草丈は1~2mで、地下部に食用となる塊根と繁殖器官となる塊茎をつくる。ヤーコンは、特に高いフラクトオリゴ糖含有量を示し、近年、日本においても栽培面積が増加しているが、その茎葉部はほとんど利用されていない。そこで、この未利用資源である茎葉部を利用したサイレージを調製した。まず、阿蘇地方におけるヤーコン栽培の結果、SY201、SY211が、当地域における優良系統であると考えられたが、現在更に、詳細な栽培試験を行っている。ヤーコン茎葉部を主体とし、それに、フスマを添加することにより、良質なヤーコンサイレージ調製が可能であった。今後、ヤーコンサイレージの詳細な発酵品質や動物に対する適正な給与量等を検討する。
索引語栽培;調製;茎葉;利用;サイレージ;キク科;作物;標高;草;塊根
引用文献数10
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat