小規模種苗会社による地方品種遺伝資源の管理と地域適応品種育成における農民参加の可能性

小規模種苗会社による地方品種遺伝資源の管理と地域適応品種育成における農民参加の可能性

レコードナンバー723610論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
論文副題オランダにおける事例調査から
著者名根本 和洋
西川 芳昭
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ42巻・ 1-2号, p.27-35(2006-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (2698KB) 
抄録農業先進国オランダにおいて実施した地方品種遺伝資源の管理の現状に関する現地調査を実施した。調査対象は以下の組織および個人である。(1)自家採取種子のみを多品目販売する小規模種苗会社de Bolster,(2)有機農業に関する幅広いコンサルティングおよび研究を行い,現在,農民に対して種子生産および育種に関する研修コースを開催している民間団体Louis Boulk Institute,そして(3)契約者に有機農産物を宅配する農場de Horsterhofを経営し,研修コースを受講後,そこでキャベツの地域適応品種の選抜を開始したvan Oostwaard氏。この立場が異なる3者について,それぞれの取り組を整理し,各組織・個人の役割および関係性について明らかにした。その結果,オランダにおいては,農家が地域適応品種を選ぼうとしたときに,不充分ながらもその母集団となる在来品種が種子会社によって維持されており,農民の選抜に対する知識・技術を研修する組織も存在していることが,このような農民参加型品種選抜を可能にしていた。
索引語品種;農民;地域;適応;オランダ;調査;組織;種子;選抜;種苗
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat