冬期追播したイタリアンライグラスの品種および播種時期がギニアグラス永年草地の収量に及ぼす影響

冬期追播したイタリアンライグラスの品種および播種時期がギニアグラス永年草地の収量に及ぼす影響

レコードナンバー723669論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名奥村 健治
稲福 政史
幸喜 香織
ほか1名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ51巻・ 4号, p.348-353(2006-01)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (517KB) 
抄録冬期に生産が停滞する亜熱帯地域のギニアグラス草地にイタリアンライグラスを追播した場合の品種および追播時期の収量効果を調査した。超極早生から中生の5品種を12月下旬に追播した結果は、1番草、2番草ともに極早生の「さちあおば」の収量が最も高くなった。追播時期については11月27日から10日ごとに12月26日までの4回の追播日を設定して1番草の収量を比較した結果、イタリアンライグラスの収量割合は11月27日播種では23%と低かったが、12月16日以降ではギニアグラスの収量を大きく上回った。以上の結果からギニアグラス草地にイタリアンライグラスを冬期追播する場合は極早生品種を12月中旬以降に播種することが効果的であると考えられる。
索引語イタリアンライグラス;品種;播種;時期;草地;収量;生産;地域;効果;早生
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat